categories

archives

アンちゃんがとうとう。。

0
    2016年の9月14日に(多分)お店の前に棄てられたアンちゃんが今日とうとう旅立ちました。

    2017年が明けて引っ越しするまでは本通りの家の三階に保護してました。
    私は一階と二階の猫の世話でいっぱいで主に主人にみてもらっていましたが、その頃は顔にも剣があり、可愛さにくっつき過ぎた私の鼻をガブっと噛んだり、時折スイッチが入ると噛んできました。

    そんなアンちゃんも引っ越しで今の家の二階の主人の部屋に移してからはすっかり穏やかな顔になり毎日の日向ぼっこを楽しんでのんびり幸せに暮らしていました。

    でもいつも異常に呼吸が速く、検査してもらったら特発性肺線維症とかいうわけのわからない病気かもと言われ普通数ヶ月から一年以内の生存とか言われ目の前真っ暗になりました。

    ほんとのことを言えばリスクを伴う精密検査はしていないのでわからないのですがレントゲンでの肺は真っ白、肺胞はダメになっているとか、先生にもよくわからないけどこんな息で生きてるのはかなりしんどいとの事でした。

    抗生剤、アレルギーの薬、免疫抑制剤、色々な薬で様子を見ましたがどれもダメでした。
    なので対処療法しかないと言われていました。
    そんなこんなでよく生きてると言われながらも2年と10ヶ月が過ぎようとしていました。

    毎年季節の変わり目、殊の外梅雨に入るこの季節に弱いアンちゃん、
    実は先月の終わりから物を口にしなくなりました。
    今まで死なない程度に食べていて2300gくらいを維持していましたが先月末に病院に行ったら2100gになっていて食べなければ終わりかなと思っていました。

    元々アンちゃんはドライフードしか食べなくておやつはおかかを時々食べる程度でした。
    多分子猫の時からドライしかもらったことがないのでしょう。
    そしてこれは私の推測ですが、元の飼い主はワンルームの部屋に住むヘビースモーカーの男性、副流煙で肺がやられてしまったのではないか?!

    アンちゃんは主人が大好きです。だから主人も可愛がっていました。

    話は戻りますが、数日前から苦しそうで、あーもうダメかなと思っていました。

    病院に行き栄養補給の点滴と気管支拡張の注射をしてもらっていましたが不憫で不憫で仕方ありませんでした。

    もちろんご飯は一口も食べません。
    朝からかまくらベットに入ったままで一歩も動きません。
    ただただ荒い呼吸をしてるだけ。

    本日、13時半過ぎに、ベットにいた主人が手招きしたら力を振り絞ってそばに来ていつもの様に甘えてくれました(号泣)
    袋から開けたばかりのおかかを私の手から食べてくれました。

    その後14時くらいに開口呼吸になって横たわってしまい、這うように納戸の陰に移動し隠れてしまいました。
    とても辛そうでした。

    もう楽にしてあげたい!とひたすら思い、休みで家にいた主人と病院に行き、先生にお願いして安らかに眠らせて頂きました。

    体重は2キロになっていました。

    先生も、「こんな体でよく頑張ったね、さぞ辛かったろうね」と褒めてくれました。



    このイチゴのベッドが大好きでした。
    冬場に出すと「あ、あたしの〜♪」ってすごく嬉しい顔をしてすぐ入りました。



    やっと楽になりました。



    私は、微力ですができる限りの愛情をかけ、アンちゃんの毎日が気持ち良く過ごせるようにしてあげられたと自負しています。

    だから悲しまないようにしたいです。

    愛護法改正も間近

    0
      広島県の尾道でのニュースです。

      ゴミ置場に猫が!ってモンチーも同じです。
      こんな時通報したら警察が、そこにゴミを捨てる住民は限られているのですから捜査してくれればいいのに、と思います。

      今度の動物愛護法の改正で、虐待罪の量刑が二倍以上の5年以下の懲役または500万以下の罰金になるそうです。
      遺棄は変わらないでしょうが一応犯罪と言われているのに今は絵に描いた餅です。全然減りませんね。
      まあ捜査してるなんて言えば住居以外のゴミ置場に捨てるかもしれませんからイタチごっこかもしれません。

       ※新改正案は、虐待罪(殺傷)の法定刑を現行の2倍以上となる5年以下の懲役(または500万円以下の罰金)に引き上げる罰則強化や、犬猫へのマイクロチップ装着の義務化、生後56日を経過しない犬猫の販売禁止などを盛り込んでいる

      読売新聞オンラインより

      最近ちょっと色々あって人間界に嫌気がさしています(笑)

      話はぐっと変わりまして、今日用事があって横浜まで行ってました。
      留守の間友人にモンチーを預けたんですが、そのお宅の預かりチビさんたちが食べていたウェットフードにモンチーってば、突進して唸りながら食べたそうです!
      数日前までヨチヨチ歩きで昨日辺りやっと小走りができるようになったばかりなのに呆れるモンチーです。

      ちなみに4日間で100g体重が増えたんですけどね。

      早いとこ離乳させて里親さんを探さないと。




      実はここへきてアンちゃんの様子が良くないんですよ。
      毎日呼吸が荒くなる時間がありとても心配です。


      気休めかもしれませんが自宅酸素吸入をやっています。



      嫌がってそっぽを向きますので、三角のかまくらベッドに入ってもらい、毛布をかけて少しでも酸素を吸ってもらおうと四苦八苦しています(泣)


      わかりにくいですがこんな感じ。

      季節の変わり目、梅雨の時期、去年も良くなかったんですが、保護した時に比べ体重が300g減ってしまってますから今年はやばいかもです(号泣)

      皆さんの愛猫さんはみんなお元気ですか?

      どうかみんな元気でいてくれますように。。。(祈)

      今日のモンチー

      0
        今日で3日目ですが、体重もどんどん増えています。
        ミルクは穴を大きく開けた哺乳瓶でごくごく飲んでいます。
        体重は350g
        入試も生えているのでやはり生後三週間くらいだと思います。

        飲んで少しうろちょろしてバスケットの寝室に入れてバスタオルをかけて暗くするとチュパチュパしながら寝てしまう、とっても良い子です。

        リスザルに似ているので名前を[モンチー]にしました(笑)







        今朝のウンチ



        ミルクエイジを預かりました。

        0
          午後イチで電話があり、10年前に二匹の猫の里親になって下さった方からのヘルプで乳飲み子を預かりました。

          朝、市の指定袋の中にゴミと一緒に入れてあったそうです。
          場所は清水区の三保、ゴミ回収の職員さんが見つけて助け出したそうです。

          なんともひどい話です。
          間一髪、気付かれなかったらゴミ回収のパッカー車に放り投げられていた事でしょう。
          粉砕、圧縮されてぐちゃっとなって即死だったかも…(泣)
          ゴミ袋に入れて捨てるなんてよくできるなあと思います。
          怒るというよりその精神がひたすら怖い。

          生後2週間から3週間の女の子。
          ミルクをぐんぐん飲んで元気いっぱいです。

          大きなお目目が可愛い。


          お腹一杯になるとすぐウットリ、眠くなります。


          個性的なお顔も、猫だけどオンリーワン!


          尻尾は長くてスッとしてはる!(笑)

          ティークンが、気に入らなくて私の目の前でベッドにオシッコしました。


          里親さん大大大募集です!!

          シンガポールに行ってました!

          0
            23日からシンガポールを観光していました。
            一言でいうなら緑豊かな未来都市というかんじでしょうか。

            高層のホテルやビル、独特なデザインの植物園、全て圧巻です。

            かつてイギリスの植民地だったからかヨーロッパ的な文化もあり、かなりグローバルで面白い都市です。

            (ウィキペディアより)
            前略
            シンガポールは、貿易・交通・金融の中心地の一つであり、世界第4位の金融センター、外国為替市場及び世界の港湾取扱貨物量で上位2港のうちの1港である。

            世界銀行の『ビジネス環境の現状』の報告書では、シンガポールは9年連続で世界で最もビジネス展開に良い国に選定された。…
            攻略

            金融が一番の資源なのか、メチャクチャかっこいいビジネスマンが大勢闊歩しています。

            観光都市でもあるので見所がコンパクトに点在しておりしかも全てがハイセンスで無駄がない、観光地にありがちなハリボテ感もなく洗練された観光地と言えると思います。



            ホテルの部屋(50階)から望む。

            ツアーだったので、コース的にマリーナベイサンズには泊まれませんでしたが、あの有名な屋上プールの横の展望スペースには行けました。

            高い塔三つで構成されたマリーナベイサンズの客室は2500室だそうです。



            先っぽです。

            プールに入っている人たちが見えると思います。

            夜のマリーナベイサンズ




            一方、世界第2位の人口密度により家賃の高さは世界一です。
            貧富の格差も世界規模で20%の貧困層の人たちは住居がなくビルの隙間に寝泊まりしているそうです。
            つまりはホームレス労働者ですが、年間を通して平均気温が29度から33度位で寒くならないからいいんだしょうね。

            貧富の差、高度に成長した未来都市でありながら影の部分が多々あることは否めないと思います。

            巨大植物園の中の滝


            回廊になっています。

            ゴミひとつない美しい国、そしてイギリス領だったからか動物福祉にも曇りがない国です。

            動物園は自然の動物の生態を大事にしており絶滅動物の研究にも邁進しています。
            ナイトサファリに行きましたが森のようになっているところにいろんな動物が自然な状態で暮らしているのを見ることができました。
            その時の動物ショーも芸をやらせるのではなく自然な動きを理由したショートなっていて見ていて気持ちが良かったです。


            ナイトサファリのポスター

            ショーでゴミの分別をしているカワウソ



            フクロウ


            猫じゃらしで遊びジャンプするサーバルキャット?かな


            ショーに参加していたのはインド人とアメリカ人、どこでもいつでも人種のごった煮、グローバル感は半端ないです。


            3日目はユニバーサルスタジオシンガポールに行きました。
            他のユニバに比べ規模が小さいけど、アトラクションはなかなかなのでそんなに歩き回る事なく楽しめます。



            土曜日で、私達(妹と私)は早めに入れるパスと二時間は10の人気アトラクションに待たないで入れるパスを買っていたのでいちばんに入れ短時間で希望のアトラクションを制覇できました。
            しばらくしたら人でごった返していました。








            長靴をはいた猫のショー。

            猫たちのご飯やトイレお薬は主人にお願いしていたのでみんな元気でいてくれました。
            人生もうそんなに長くないので(笑)思い出づくりとやはり大げさかもしれませんが旅行は視野を広げると思います。

            黒猫君、幸せになれました。

            0
              先日来友人が迷子猫で飼い主さんのお申し出を待っていた黒猫君
              お申し出がないので去勢して里親募集しました!

              すぐに応募があり素敵な家族に出会えました!

              気にかけて下さった皆様
              ありがとうございました!






              沼地に棄てられていた子猫

              0
                昨日沼地の餌場の一箇所に、肥料の袋に入れられて棄てられてた子猫三匹をお当番のTさんが引き取ってきました。

                生後一ヶ月にもうじきなるという感じの可愛い子猫たちです。

                棄てられてすぐだったと推定され状態はたいへん良いです。
                直前まで母ネコのおっぱいを吸っていたと思われます。


                三毛猫長毛メス480g


                シャム系オス480g


                おかっぱ系(笑)オス380g

                離乳食に移行しても良いかなーという時期です。
                お留守番のないお宅の里親さん大募集です!





                里親さんを見つけたい!

                0
                  とてもいい子なので一刻も早く家族を見つけてあげたいと思っています!

                  島田で保護されている猫さん。






                  男の子、3歳くらい。
                  エイズ、白血病検査陰性。

                  とても穏やかな子です。
                  マイペース、人間大好き。
                  攻撃性なし。

                  ボランティアさんのお宅の庭にやって来て、たまたま怪我をしていたので保護。

                  他の猫に攻撃されたのだと思います。
                  戦う意志彼には皆無です。
                  餌を取られれば他を探す。
                  そんな子です。
                  長毛で大きめです。

                  もらわれたら良きパートナーになってくれると思います。

                  私が飼いたいくらいですが、ぐっと我慢笑

                  ぜひ良いご縁をよろしくお願いします!

                  迷い猫保護!!

                  0
                    5/5 夕方、友人が道路の真ん中で寝そべっている猫を発見。
                    葵区鷹匠辺りです。

                    近寄っても動じないので事故にでもあったのかと思い抱き上げたそうです。

                    手足、胴体どこも悪くないのになぜ?と思い病院へ連れて行きました。

                    エコーなどで診てもらいましたが内臓関係異常がなく、ただ歯茎が赤く喉の奥が腫れていてしわがれ声しかでないそうです。
                    猫風邪の影響か?と注射してもらいました。
                    エイズ白血病は陰性。
                    人馴れしてて口が痛いのかあまり食べないそうですがおもちゃで遊んでいるそうです。
                    今年一歳くらい(もしかしたら二歳?)の若い未去勢のオス猫です。

                    飼い主さんまたはご存知の方はご連絡下さい!

                    よろしくお願いします!

                    春が駆けていく…

                    0










                      みんな元気です!

                      アンちゃんは2年ぶりに血液検査をしましたが、全く異常がないそうです。
                      肺の方は変わりませんが、良い環境で過ごさせてあげればもう少し生きてくれるのではと思います。
                      結果を聞いた時は本当に嬉しかったです。

                      私の方はちょっとショックな事がありました。
                      昨日地区の民生委員の方が突然みえました。

                      私が65才になって主人は66才、二人暮らしなので、つまりは老人だけの世帯と云う訳で、民生委員さんの見守り対象になってしまいました。
                      何だか一気に自分の年を意識しました。

                      実際新聞の訃報欄を見ても60代は少ないけど70代になると一気に増える気がします。
                      「人生100年時代!」なんて言って「年金はあと送りでもらいましょう!」なんて、政府の陰謀?!なんて勘ぐってしまいます。

                      つまりは何があっても不思議はないという事です。
                      そう思ってれば間違いありません。

                      蛇足ですが、シニア世帯の主に独居の方対象ですが、市では「救急医療情報キット」と云うのを配布しているそうです。

                      筒型の容器の中に、かかっている医療機関や伝えたい人の情報を書いて冷蔵庫に入れておく物です。

                      市の説明は、
                      このキットを備えている方が、病気や怪我で倒れた場合、救急隊員や第一発見者などが、冷蔵庫の中から筒を取り出し、中の情報を見ることにより、身元や日頃の身体の状態などがすぐにわかり、迅速、的確に救護ができ、身内など関係者にもすぐに連絡できます。また、搬送先の医療機関でも、医療行為の参考や家族等との連絡に役立てることができます。
                       なお、静岡市では、この「緊急医療情報キット」に『S救セット』という名称を付けました。『S救セット』の“S”とは、静岡(shizuoka)のS、セルフのS、スピードのS、救助(サーブ)のSという意味です。


                      全国の自治体でも配布されています。

                      とてもいいと思いましたが、そもそも倒れた時に気づいてもらえなかったら何にもならないですよねー?!

                      尚、S救セットが冷蔵庫にあるよと云う印は家の外に貼るそうです。

                      中身は

                      こんな感じです。
                      内容を書いて、ペットボトルなどで自作もできますね。

                      この中にペットが(何匹)いると云う事も書いたら良いなあと思いました。

                      | 1/268PAGES | >>