categories

archives

チビ兄妹のお届け

0
    昨日は興津まで捨て子だったチビ兄妹のお届けに行って来ました。
    平屋で新築の素敵なお宅でした。





    ずっと可愛がっていただけますように(祈)

    今朝は寒かったですね。
    テレビで夜中に室温が18度以下だと肺の免疫力が落ちると言ってました。
    アンちゃんには夜中もエアコン付けてあげないと。。。
    電気代をケチると病院代がかかってしまいますから(笑)

    お日様が大好きなアンちゃんです。

    一週間ほど前にまた三日ほど何も食べなくなってしまいました。もう1日食べなかったら病院に連れて行こうかと思いましたが、日曜から急にもりもり食べ出しました。

    時々ダイエットしてるのかなあ。
    飼い主を見てこうなっちゃいけないと(
    笑)
    それは冗談ですが、スイッチの入れ替えが激しくてその度に一喜一憂してしまいます。







    日向ぼっこが大好きです。


    レオが出窓にいました。


    その横にはティークンが。
    最近はよく追いかけっこしたり猫パンチ合戦をしたりしていますが、争いが加熱するとティークンがすぐ降参ポーズを取るので収まっています。
    ティークン、偉いです。


    きゅうちゃんも元気です。

    サンタの命日

    0
      一年前の今日、くるるんのサンタが旅立ちました。

      その節はたくさんのお花やお悔やみをありがとうございました。

      その日のブログはこちらです。

      あれから一年が経ったなんて信じられません。

      あまりにも早いです。

      サンタは腎不全を発症してから約2ヶ月で旅立ってしまいましたが、その間私は本当に本当につらかったです。

      でも、昨年のこの日、ほとんど苦しまないで逝けた事でむしろホッとしたのを覚えています。

      役目は果たしたという感じでしょうか…

      現世での命の終焉が来るのは仕方のないことだし、悠久の生物の営みからしたら小さなことかもしれません。

      猫は人間のように生に執着していないと私は思っています。
      楽しい時は長く、苦しい時は短くていいと私は思っているので、サンタが苦しまないですっと旅立てたことで私もとても救われました。

      だから、ペットロス?はなくて、可愛い優しいサンタの思い出だけが蘇ります。

      ありがたい事です。











      生後2ヶ月もしないうちからくるるんに来たサンタ、ただただ可愛いくて皆様にも可愛いがって頂いて、すごく幸せな一生だったと思います。

      今日も皆さまに思い出して頂いてるとしたら、幸せな一生プラス(大きな)アルファーですよね。

      サンタを思い出してくださった皆様ありがとうございました。。

      譲渡会の結果報告

      0
        日曜日の譲渡会は参加猫数22匹、まだまた多いです。

        トライアルが決まったのは5匹です。

        来場してくださった方はみんな真剣におうちに迎える猫を探していらしたのですが最終的に決めかねていた方も多かったです。
        みんな可愛すぎて決められなかったのではないでしょうか(笑)


        天ちゃん ♂


        ダイちゃん ♂


        マーゴちゃん ♀


        ルナちゃん ♀


        ウタちゃん ♂


        ミーコちゃん ♀


        シンバちゃん ♂


        マーブルちゃん ♀


        ゆきちゃん ♀


        ブランちゃん ♂


        うりちゃん ♀


        ピッポとピポポ ♂と♀


        ミイミイちゃん ♀

        来てくださった方、カンパを下さった方、フードを持って来て下さった方、皆様本当にありがとうございました。

        みんなが幸せになれますよう今後とも応援お願いします!
        次回は新年1月の21日です!

        チビ兄妹、トライアルが決まりました。

        0
          K地区の沼地に相次いで捨てられていた乳児の兄妹猫は、二箇所の一時預かりさんの優しいお世話を経て、このほど二匹一緒にもらって下さるご家族に出会えました!

          本当に良かったです。


          ずっとこんな姿で仲良く育っていくことと思います。

          お届けは11日になります。
          濡れながら引き上げてくれたTさん、一時預かりをしてくださった藤枝のKさん、市内のOさん、本当にありがとうございました。

          さて、明後日の12月3日(日)には恒例の譲渡会があります。
          まだトライアルが決まっていない可愛い猫たちがたくさんいます。
          是非会いにきてくださいね。


          真剣にテレビを見ているティークン


          ゆり子ママにくっつくティークン


          きゅうちゃんに可愛がってもらいちょっと嫌そうなティークン


          好調のアンちゃん


          うす目を開けて見るゆり子さん

          仲良し兄妹

          0
            多頭飼育困難(助けたのでまだ崩壊はしていないから)のお宅から引き出した兄妹は個人ボランティアさんのお宅に預かっていただいています。

            茶トラのシンバ君に続いて預けた三毛サビのマーブルちゃんはシンバ君と同じゲージに入れてあげたら落ち着いてきたそうです。


            頼もしいお兄ちゃんです。

            今日はおもちゃでも遊んだそうです^_^



            めちゃんこ可愛いお利口な兄妹です!
            飼い主さんは飼育困難で相談されてきましたが、猫たちを愛情いっぱいに育ててくれたんだなあとわかります。

            こんな二匹の里親さんになって下さる方どうかよろしくお願いします!


            オマケです。

            きゅうちゃん




            レオ


            ティークン

            ゆり子さん

            12月3日に譲渡会があります。
            是非遊びにきてくださいね。

            アンちゃんはたくましい?

            0
              先週アンちゃんが3日ほど食べなくなり慌てました。

              2ヶ月に一度くらい、定期的にそうなります。
              気候が急に変わったからかなあと二日続けて病院に行き注射や点滴をしてもらいました。

              通院一日目で、帰って来たその夜から何もなかったかのようにムシャムシャ食べだしたのでホッとしました。

              次の日病院で報告したら先生が「なかなかたくましいね」と褒めて?くれました。
              肺がひどい状態なのにいつもおきあがりこぼしみたいに復活するからだと思います。
              私も、この柄の子は原種的?でなかなかたくましいかも?と思っていたので先生の言葉をうれしく聞きました。
              もっと生きて欲しいですから…(祈)

              甘えん坊でツンデレで猫が大嫌いなアンちゃん、可愛い子です。
              アンちゃんはほとんど動かないので何処からか自分で歩いて来たとは考えにくいので、去年の9月、うちが猫カフェだったからそばに捨てられたと思います。

              野良猫として手術してリリースしようと思ったけどあまりに弱々しくて、それに台風が次々とやってきてとても放せなかったから今があるのですが、これも運命かも。


              ムシャムシャ食べる昨日のアンちゃん


              去年の9月17日のアンちゃん


              お薬が変わりました。
              プレドニンは同じですが新しいサプリが出ました。

              アンチノール というオメガ3脂肪酸がたくさん詰まったサプリ。

              きゅうちゃんは、毛もフサフサになり元気にしています。

              日向ぼっこが大好き。




              まだまだ身だしなみも大丈夫。

              ラプロスを夕食後だけ飲ませています。
              午前は時々キドキュアと、最近教えて頂いたエビオス錠を朝晩、大好きでおやつに少し食べています。





              多頭崩壊の… パート2

              0
                清水区K地区の多頭崩壊のお宅の未手術猫3匹が、今日手術を終えて浜松から帰ってきました。

                浜松のボランティアさんは1度目は5匹を連れて帰って下さり、手術を終えて清水にお返しに来てくださった時に「まだ未手術猫がいる」と飼い主に言われガックリしましたが、先日日を改めて2度目のお迎えに来てくださいました。

                今日は手術が終わり再度のお返しに清水区に。。

                私は一時預かりさんのお宅でお待ちし、その子たちの中から三毛サビの生後半年の女の子を引き取り、預かりさんにお預かりをお願いしました。

                先日同腹の茶トラの男の子を預かってくださった方です。

                飼い主さん宅での写真ですが、

                この子です、マーブルちゃん。

                預かりさんのお宅でビクビクの1日目

                ちゅーるをもらってます!

                茶トラの男の子はシンバ君

                遊ぶのが大好きなかなりの甘えん坊のシン君です。
                両方とも避妊去勢手術済み、ワクチン済み、エイズ白血病検査陰性です。


                今日は茶トラの若い子2匹も手術を終えてとりあえず飼い主の所に返されました。





                この子たちも皆里親募集対象です。

                みんな大人しくて優しい子たちばかりです。

                もし、預かりをしてくださる方がいらしたら1匹づつ幸せにしてあげられるよう努力しますのでどうかよろしくお願いします。

                浜松のボランティアさん、一時預かりさん、本当に本当にありがとうございました。

                小さな三毛猫ちゃん

                0
                  まだ生後1ヶ月半くらい

                  友人が保護しました。
                  生育状態は良さそうです。
                  元気で人にも慣れています。

                  お見合い随時、是非是非、

                  お待ちしています!



                  多頭崩壊の…

                  0
                    昨日多頭崩壊のお宅の未手術の猫たち5匹が手術を終えて浜松から帰って来ました。

                    浜松のボランティアさんありがとうございます!

                    その中のまず生後6ヶ月の茶トラ君を受け取り一日ウチでみましたが、本当にいい子でビックリしました。

                    ゲージの中でとても大人しくしていられて、ご飯もしっかり食べて、そしてスリスリべったりの可愛さ。。

                    もう、メロメロです。


                    来てすぐ。





                    そして今日、一時預かりさんのお宅にお届けしました。


                    一時預かりさんのお宅で。



                    最初に飼い主が申告した猫数9匹は間違いで、その後聞き取りしたら「え??、13匹以上なんじゃない?」って思って、案の定昨日浜松のボランティアさんが、手術が済んだ猫を返した際に3匹が新たに未手術だと飼い主さんが。
                    なのでボランティアさんはその3匹と小さくてまだ手術できない子猫を1匹を引き取って浜松に帰られました。

                    なんともはや…

                    真実の猫数は限りなく不明です。。。。

                    とりあえず昨日の3匹のうち1匹のキジ三毛の女の子も同じ一時預かりさんにお願いする予定になっています。

                    ウチではアンちゃんとおじいちゃんのきゅうちゃんに心身ともに負担をかけたくないので保護はできないと思っているので本当にありがたいです。

                    浜松のボランティアさんも遠い静岡市のことに尽力してくださり感謝でいっぱいです。

                    それから、猫カフェにゃんころさんにお客様が入れてくださった募金箱のお金をK地区の猫たちのフード代として頂戴しました。

                    にゃんころさんの店長さん、お客様本当にありがとうございました!

                    K地区については町内の人たちも知らん顔、指導センターからもなんの援助もなく、今までに50匹近くの生息猫の避妊手術をやりました。

                    毎日毎日現場に行って猫の捕獲や餌やりをやってくれているTさん、遠くから自転車でどんなにか大変でしょう。
                    Tさんに何かあったら現場の猫たちはどうなるのかわかりません。

                    町内の猫問題としてほんの少しでも近くの人たちが関わってくれたらどんなにいいでしょう。

                    反対に言うと、適当に餌をやって増えるに任せていたその町内のためにすでに私たちのお金が40万円以上かかっており、そして何よりTさんは労力を限りなく費やし疲れ切ってしまっています。

                    なので、何とか町内の助けを得られるよう頑張って行こうと思います。

                    寒くなりました

                    0
                      きゅうに冷えて来ましたね。
                      そうなると猫たちの距離も縮みます。

                      ウチではきゅうじいちゃんとティークンがやたらくっついています。

                      ティークンが、ゆり子さんにふられた時にきゅうちゃんに甘えてるんですけどね、甘えれれば誰でもいいってことだと思います。



                      こんな感じのところに、



                      押し入ります。



                      きゅうちゃんははみ出そうです。


                      チュパってる時もあります。



                      きゅうちゃん、2,8キロ、ティークン、6,5キロなんですが…


                      6,8キロ…

                      | 1/252PAGES | >>